Rumahsenyum(ルマセニョン) >  お手当療法(つるた療法)とは? > お手当療法(つるた)療法

 お手当療法(つるた療法)とは?

お手当療法(つるた)療法

クローバーお手当療法(つるた療法)とは
  湘南スポーツ整体院院長。鶴田昇氏が考案。
  「腰・膝・股関節などの痛みは、
  腸腰筋と呼ばれる筋肉の疲労が原因である」ことに気づき、
  独自の手当て法を基本にした「つるた療法」


クローバー痛みの原因となっている筋肉を突き止めるとは
  「つるた療法」のいちばんの特徴は、
  手を当てることによってまずは
  「痛みの原因になっている部分を特定する」という点にあります。

  医学でいえば「診断」です。
  患者さんの身体に手を当てていると、
  痛みの原因となっている組織(筋肉や結合組織)に痛みが起ってきます。
  原因を探しあて、その部分に集中して手当することで、
  最も的確な施術を行うことができます。

  整形外科の治療に行っても
  なかなか良くならないもう一つの理由は、
  レントゲンやMRIといった
  「骨を診る検査」ばかり入念に行う一方で、
  肝心の筋肉や結合組織を診る治療を行わないからです。